軽井沢の不動産・家具付輸入住宅ならピー・アイ・ジャパンヘ。

エリア別新築別荘

エリア別新築別荘中古別荘売地情報

文字サイズ:

南軽井沢エリア

軽井沢駅の南側から中軽井沢駅の南側にかけての広いエリアが、南軽井沢と呼ばれるエリア。観光の中心となるのは塩沢湖畔に広がる一大レジャーゾーン「軽井沢タリアセン」。「深沢紅子・野の花美術館」「ペイネ美術館」「軽井沢絵本の森美術館」「エルツおもちゃ博物館」など、多彩な美術館や博物館がそろい、アートを満喫できる。

新築 グリーンフロントAmerican Resort Villa

新軽井沢エリア

長野新幹線開通以来、急速に発展を遂げつつある軽井沢駅周辺。駅の北側の旧軽井沢までのエリアは新軽井沢と呼ばれており、旧軽に負けないにぎわいぶりを見せている。
目抜き通りの三笠通り沿いにはさまざまな飲食店や雑貨店、土産物店が並び、多彩な美術館も周辺に点在している。
また一歩奥の路地に入ると閑静な別荘地が広がっており、雲場池などの自然も残る。
駅の南には、オープン以来人気が途切れることがないアウトレットショッピングゾーン、軽井沢・プリンスショッピングプラザがある。

  • 製作中です。

システムキッチン

旧軽井沢エリア

軽井沢駅から駅前の目抜き通りを北へ進んだところに位置する旧軽井沢は、国際的な避暑地である軽井沢を代表するエリア。とくに三笠通りから分かれる旧中山道沿いは「旧軽銀座」と呼ばれ、道の両脇におしゃれなカフェや雑貨店、レストランがずらりと建ち並んでいる。軽井沢に最初に別荘を建てたA・C・ショーゆかりの「ショー記念礼拝堂」や「ショーハウス」、軽井沢を象徴する「聖パウロカトリック教会」なども見学したい。

画像の説明

中軽井沢エリア

軽井沢駅からしなの鉄道で1駅の中軽井沢周辺は、湯川の流れに沿って豊富な自然が残るエリア。力強い山の絵画が見応え十分の「田崎美術館」、モダンアートを存分に堪能できる「セゾン現代美術館」、独特の建築に注目したい「石の教会・内村鑑三記念堂」など、芸術に触れるのもおすすめ。また、充実した設備を誇る星野温泉をはじめ、塩壺温泉や千ヶ滝温泉など、自然に包まれたいで湯も点在している。

新からまつの森アメリカンハウス

信濃追分エリア

リゾートムード漂う軽井沢に対し、信濃追分は旧中山道の宿場町だった往時の趣を色濃く残すエリア。幕府からの通達文書を掲げた高札場が復元されており、周辺には「旧本陣跡」「脇本陣油屋旅館」「枡形の茶屋」といった見どころが点在。「軽井沢追分宿郷土館」では、当時の宿場の様子などが展示されている。西はずれにある北国街道と中山道の分岐点「分去れ」や、さらには「メルシャン軽井沢美術館」へも足を延ばしてみたい。

追分ログハウス(全2棟)

北軽井沢エリア

中軽井沢の北側、長野、群馬両県にまたがる浅間山麓の高原地帯が北軽井沢と呼ばれている。日本三大奇勝にも数えられた「鬼押出し園」や「浅間火山博物館」、「軽井沢おもちゃ王国」などの見どころのほか、美しい白糸の滝や浅間大滝、魚留めの滝など、手付かずの自然を楽しむことができる。800ヘクタールもの敷地に約600頭の牛が放牧された「浅間牧場」は、名曲『丘を越えて』のモチーフになったところとして有名。


資料請求・お問い合わせ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional